HOME>イチオシ情報>旅館システムを選ぶために注目すべきポイントとは何か

旅館システム選びのポイントはココ!

管理画面が使いやすく顧客管理がわかりやすいこと、またサポート体制がしっかりしていることをシステム選びのポイントとしましょう。

旅館システム導入で経営はどのように変わる?

見積書・請求書の発行はできますか?

ネットや代理店経由の予約情報の取り込みや、見積書の発行、売上内容に応じた請求書の発行が可能です。

チェックイン時の室料のみの精算は?

チェックイン時に室料のみの支払いを希望する顧客には請求書を発行し、チェックアウト時に追加費用を請求します。

休憩と宿泊と分けて管理したい!

客室の休憩利用にのみ使用するケースや、休憩利用後の宿泊利用にも対応でき請求書の発行をします。

クーポン利用の顧客にも対応できますか?

代理店が発行したクーポンの利用の有無、利用額の管理が可能。利用客や代理店ごと集計することもできます。

売掛金・予約金の管理は可能ですか?

売掛残高の確認や事前に入金される予約金の管理のほか、顧客ごと状況や請求書の発行などができます。

何を導入するのかでサービスや経営に影響が

パソコンを操作する人

旅館において様々なシステム導入を検討することは、自社の経営戦略において重要な意義をもたらすため、導入は慎重に行ったほうがいいでしょう。どんなシステムを導入するべきなのか、また、どの程度の規模で導入するべきなのかを、社内で話し合い、納得できるように対応することが望ましいです。一般的に導入するべきとされているのは、予約管理や会計業務に関する物で、早急に導入を検討したほうがいいでしょう。特に旅行サイトの予約テータと連携をすることによって、スピーディーな対応が可能となるため、顧客からの評判も高まります。顧客からの評判が高まることによって、安心して利用できるとして、顧客集客率が高くなると考えられているため、参考にしてください。

不正な帳簿を作らないようにするため

ホテル

会計業務に関してシステムを導入することは、社内の経理業務を効率化させるばかりでなく、不正な帳簿を作らないようにすることにもつながるでしょう。また、顧客データを目に見える形で管理できるようにすることで、常連が何を旅館に求めているのか、どのような部分に不満を覚えているのかを明確にできます。

導入する場合は企業について確認を

旅館

顧客データをわかりやすくすることによって、サービス向上にもつながるため、旅館の経営戦略に大きな影響をもたらします。サポート体制がしっかりしている企業で作ったシステムを導入することによって、万が一の時にも対応してもらえる可能性が高まるでしょう。

広告募集中